金子金五郎と山田道美

2017/11/14 19:43
山田道美九段は金子金五郎九段の弟子である。といっても、金子九段は群馬の高崎市で住職をしている身分だった。代わりというのも変だが、京須八段が第二の師匠ともいうべき存在だった。 金子九段への関心を促したのは、梅田望夫さんの著書やブログである。金子九段の文体には、思想性・哲学性が醸し出されていた。他方、山田九段について言うと、最初は金子九段の弟子とは知らなかった。だが山田九段の文章を通じて、その真摯さに心を打たれた。A級に在籍する棋士が、雑誌紙面上でアマチュア向けに講義をするのだ..

続きを読む

もっと見る