未来のことはわからない

2018/01/30 19:00
体調が優れず、なかなか更新できなかった。ネタ切れということはない。書きたいことは山ほどある。 それはともかく、藤井聡太四段がまた勝ちまくっている。C2を一気抜けしそうなのも凄いことだが、佐藤天彦名人に勝ったり、朝日杯で羽生善治二冠と対局予定だとか、規格外の強さとしか言えない。 連勝後はしばらく勝てない対局が続き、「こんなもんなのか」という声をちらほらネット上で見かけた。私はほとんど気にならなかった。谷川九段や羽生二冠のような先人たちも、勝てない時期があったからでは..

続きを読む

全冠制覇はどのように報道されたか⑥

2018/01/04 22:00
将棋雑誌以外で、トップ棋士が数多く取り上げられるようになった理由はなんだろうか。 羽生さんが将棋界で最初に一般紙で多く取り上げられた存在と決めつけるのは早い。大山15世名人が五冠失冠時に週刊誌に取り上げられたこともある。ほかにも探せば、中原、米長、谷川といったトップ棋士が出てくるだろう。しかしトピックを絞って考察してみると、やはり羽生さんが一番最初なのかなと思ってしまいたくもなる。 羽生さんが五冠王になったときに『潮』という雑誌でインタビューを受けている。記事を書いたのは..

続きを読む

河口俊彦「対局日誌」で注目された棋士たち⑤

2018/01/02 22:00
河口八段だけのことなのか、それとも棋士一般の反応だったのかはっきりしない。ともかく、「対局日誌」はデビュー時からずっと羽生善治を追っている。 『先を読む頭脳』という著書を以前紹介した。羽生二冠の学習方法をインタビューし、それを心理学や教育学、あるいは認知科学の立場から分析しようという、意欲的な研究を披露した本だ。その中で、羽生二冠自身が四段になって実力が伸びたと告白している。定跡を勉強することで、実力アップに繋がったそうだ。学習の効果は成績にも反映していて、ちょうどその時期..

続きを読む

羽生善治という奇跡

2017/12/31 19:00
「全冠制覇はどのように報道されたか」という見出しで、どのように雑誌で取り上げられてきたのかを見てきた。羽生二冠の頃になってようやく、複数冠が大きく取り上げられるようになった。これが自分なりのささやかな結論だった。 いや待てよ、見過ごしていることがあるのではないか。過去の雑誌の記事を見ながら思い返してみた。あることを見落としていた。 全冠制覇というのは、大山や中原といった第一人者だけに与えられていた特権のようなものだった。それもそのはず。全冠制覇は、当然のことながら名人位も..

続きを読む

河口俊彦「対局日誌」で注目された棋士たち④

2017/12/26 23:00
羽生二冠は特別な存在である。 今更なことだが、デビュー時の注目度という意味でずば抜けていたという点でだ。以前、中学生棋士の取り上げ方を見てきた。四段時から大きく取り上げられていたわけではない。それでも加藤九段から後の時代になるにつれ、扱われ方がだんだんと大きくなっていった気がする。 「対局日誌」でも、羽生二冠がデビュー時から取り上げられていたことがわかる。 新四段・羽生の前評判はすごい。今日がデビュー戦だが、毎日グラフ、フォーカスが取り上げたのだからたいしたもの..

続きを読む

全冠制覇はどのように報道されたか⑤

2017/12/19 19:00
羽生さんと大山・中原といった歴代の第一人者と何が違うんだろう。羽生フィーバーと呼ばれるくらい、七冠達成前夜は盛り上がった。将棋関連以外のメディアが取材を行なっていた。これは、最近の藤井聡太ブームにも近いものがある。対して、大山・中原両永世名人は、将棋雑誌で取り上げられるに過ぎなかった。正確に言えば、大山15世名人が五冠から陥落したときに、週刊誌に取り上げられたりしている。とはいえ、将棋メディアが中心を占めていた。いつから変わったのだろう。 やはり六冠というのが大きい。だれも..

続きを読む

もっと見る